さようなら、憂鬱な木曜日

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

TBS新ドラマ『小さな巨人』が面白い!『半沢直樹』の世界に『シン・ゴジラ』矢口蘭堂がやってきた!

春の新ドラマが続々と始まっています。

私は毎クール何かを見ているというわけではなく、今期の月9が何かもわからないくらいのにわかドラマファンですが、TBSの新ドラマ、日曜劇場『小さな巨人』は少し楽しみにしていました。

ドラマ『小さな巨人』は、あの傑作ドラマ『半沢直樹』で演出を務めた福澤克雄さんが監修、さらにはキャストもヒールに香川照之、手塚とおる、駿河太郎など、半沢直樹で印象的な演技をした俳優陣が揃っています。

 

『小さな巨人』よくある警察モノ?

『小さな巨人』は警察モノです。私は正直言って警察モノのドラマは多すぎて辟易していました。

また警察か…という感じで、本当に毎クール2、3個は警察のドラマやってるんじゃないかってぐらいのイメージです。

だから、小さな巨人も警察官の物語と聞いて、はっきり言って半沢直樹体制で上がったテンションがかなり下がってしまいました。

なので、期待半分ダメ元半分で、『小さな巨人』を視聴しました。

f:id:goodbyebluemonday23:20170417202125p:plain

このドラマ、めちゃくちゃ面白いです

物語自体は、エリートコースを進んでいた刑事が、あるささいな事件からエリートコースを外れ、所轄で奮闘するといったよくあるストーリーなのですが、やっぱり演出がうまい!

もう半沢直樹そのままです。

カメラワーク、音楽、台詞回しなど、「あぁ~半沢直樹だわ(笑)」と、ファンならニヤけてしまうようなドラマになっています。

 

長谷川博己に「エリート役」は似合う

さらにこの作品をもうワンランク上へ押し上げているのが、主人公である長谷川博己さんです。

私は長谷川博己という俳優が前から好きだったのですが(『鈴木先生』あたりから)、昨年公開された『シン・ゴジラ』で素晴らしい演技をして、名俳優としての階段を一歩上がったように感じています。

長谷川博己さんは、この『小さな巨人』の中で、エリートコースを駆け上がっていたけれど、ある事件からその道を外れてしまった刑事を演じています。エリートコースを外れながらも長谷川さん自体は超優秀でまさにエリート警察官という設定なので、「めちゃくちゃデキる大人」という雰囲気をまとっているのですが、長谷川さんはこういうエリート役が本当に適役です。

『シン・ゴジラ』でも内閣官房副長官という役柄で、将来の総理大臣を嘱望されるエリート役で、素晴らしい演技をしていましたね。

 

半沢直樹の世界に矢口蘭堂がやってきた!

そして、私がなんでこんなに興奮しているかというと、端的に言って「『シン・ゴジラ』の矢口蘭堂が『半沢直樹』の世界にやってきた!」ということなんです。

監修の福澤克維さんが『シン・ゴジラ』を意識しているのかどうかはわかりませんが、『小さな巨人』における香坂信一郎は『シン・ゴジラ』の矢口蘭堂をどうしても想起させるし、香坂信一郎の妻が、『シン・ゴジラ』でひと際輝く演技をした市川実日子さんというのも憎いキャスティングです。

 

まだ一話しか放送されていないので今後どうなるかわかりませんが、すごく期待のもてる一話だったことに間違いはないです。

『半沢直樹』ファンも、『シン・ゴジラ』ファンも楽しめるし、どちらも好きな人は絶対にチェックすべきドラマだと思います。

来週日曜9時が待ち遠しいです。

 

TBS FREEで放映1週間まで無料視聴できます

小さな巨人 第1話|TBS FREE by TBSオンデマンド(無料動画)|TBSテレビ

 

日曜劇場『小さな巨人』|TBSテレビ

新幹線のリクライニングをたおす時、後ろの人に「許可」を得る必要はあるのか?

先日、テレビを見ていたら、あるタレントがこんなことを言っていた。

*****

「この前新幹線に乗っていたら、前に座っている若者がリクライニングをフルにたおしていて。それで、寝てるならまだいいんですけど、弁当食ってるんですよ!さすがに『上げよか!?』って注意しましたね」

*****

私はこの話を聞いて、違和感しか感じなかった。

まず、リクライニングをたおすのに、理由なんて必要あるのだろうか

寝る時にリクライニングシートをたおすことはOKで、弁当を食べる時にシートをたおすことはダメ?理屈が全くわからない。

確かに、弁当を食べるのに、リクライニングをたおす必要はないのかもしれない。しかし、それは後方の席の人にとって、何か関係があることなのだろうか。全くわからない。

それからもう一つ。

後方の席の人が前方の席のリクライニングに対してケチをつけるのは果たして正当な権利なのだろうか

前の人に対して「リクライニング戻してください」というのは、少なくともお願いベースではないだろうか。

むしろ、その座席の利用者は、リクライニングをたおす権利を正当に持っていると思う。それは、自由にたおしていいものだ。だから、後方の座席の人が前方の座席のリクライニングにケチを付けるのはおかしいと思っている。

f:id:goodbyebluemonday23:20170416100511j:plain

 

リクライニングをたおすのに、後ろの人の「許可」を得る必要はあるのか?

私は以前、雑誌かテレビか忘れたが、何かの折に、

「新幹線の座席のリクライニングシートをたおすときは、後ろの人に『たおしてもいいですか?』と許可を得てからたおすようにしましょう」

というような新幹線マナーを見た記憶があって、その時にも違和感を感じたのを覚えている。

リクライニングをたおすのに、後ろの人の「許可」を得る必要はあるのか?

はっきり言って、私は許可を得る必要はない、と思っている。それは、こちらの自由だと思っている。

しかしながら、前方の席がいきなり「ガンッ」と下がってきたら、あまり気分のいいものではないのは理解している。私だって、いきなり勢いよく下げられたら少し気分が悪い。

だから、私がリクライニングをたおす時は、「失礼します」と一方的に断って、ゆっくりと静かに下げるようにしている。

それでトラブルになったことは一度もない。

 

 

「許可」を得るのは、逆に迷惑になることもある

大事なのは、「相手のことを気にしているかどうか」という姿勢だと思う。

後部の座席の人を少しでも気にかけて、「すいませんけど座席たおしますね」という姿勢であれば、トラブルにはなりえないだろう。

それを、こちらの正当な権利だからと言って「何か文句あるか!?」という態度で乱暴にたおせば、相手が気分を害する可能性は高くなる。

だから、座席をたおすことに対する相手のYes or Noまでは必要ないと思っている。

個人的には、前の座席の人が、座席の上や横から顔を出して「リクライニングたおしていいですか!」と言われたら、ちょっとびっくりするし、はっきり言って嫌だ。

私は新幹線での時間と空間をゆっくり楽しみたいし、急に見ず知らずの他人にコミュニケーションを強要されることに抵抗を覚える。

「たおしていいから早く前を向いてくれ」と思う。

私にとって、相手が良かれと思ってやってくる「了解を得る行為」は逆に迷惑だ

そもそも、「たおしていいですか?」と聞いて、「だめです」と言われたら、どうするのだろうか。

普通の神経の人はそんなことは言わないと思うが、世の中には変な人も一定数いるので、「だめです」からトラブルになる可能性だってある。

了解を得ようとしている人は、「だめです」の答えは想定していない。当然ながら、100%OKの答えを期待してあえて聞いている。

だったら、わざわざ聞く必要あるますか?

「失礼します」「たおしますね」で十分ではないだろうか。

 

まとめ

この記事を書く前に、他の人の意見はどうなのかとネットを調べていたら、航空機のリクライニングに関する面白い記事を発見した。

ある男性の乗客が「ニー・ディフェンダー」という「アイディア・グッズ」を使って前席のシートをリクラインできないように固定していたのですが、これに前席の女性客が激怒。男性にソーダ水をかけるという事態に発展しました。

引用:米旅客機内の「リクライニング・トラブル」頻発、その原因は? | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

グッズを使ってまでリクラインを阻止する男性客も男性客だが、それに激怒してソーダ水をぶっかける女性客も豪快だ。

 

このトラブルは、男性客に原因があるだろうが、結局は前方の女性客のことをないがしろにして、勝手に自己都合でリクラインの権利を奪ってしまったことにトラブルの主因がある。

例えば、男性客の方で、どうしてもリクラインしてほしくない事情があって、「これこれこういう理由だから、どうかリクラインしないでもらえないだろうか」とお願いしていれば、ソーダ水の女性もソーダ水をぶっかける事態には発展していなかっただろう。

 

ちなみに最後のまとめとして、リクライニングの是非については、JR東海は以下のような公式見解を持っているらしい。

「リクライニングの角度につきましては、お客さま同士の譲り合いやお声かけなどでご利用いただくよう、また、ご利用の際は、後ろの席のお客様のご様子に留意していただくよう、ご協力をお願い申し上げています」

引用:http://www.j-cast.com/2017/03/31294572.html?p=all

 

公共交通機関を利用する時は、いろいろと気を遣わなければならない。疲れますね。