さようなら、憂鬱な木曜日

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

TBS新ドラマ『小さな巨人』が面白い!『半沢直樹』の世界に『シン・ゴジラ』矢口蘭堂がやってきた!

春の新ドラマが続々と始まっています。 私は毎クール何かを見ているというわけではなく、今期の月9が何かもわからないくらいのにわかドラマファンですが、TBSの新ドラマ、日曜劇場『小さな巨人』は少し楽しみにしていました。 ドラマ『小さな巨人』は、あの…

現役プロ野球選手が語る大谷翔平の意外な評価/「投手より打者としての方が全然怖い」

先日、テレビ朝日で放送していた「中居正広のプロ野球魂」という番組を見ていました。 この番組は、現役プロ野球選手が3チームに分かれて「俺の侍JAPAN」を編成すべく、ドラフト形式で指名していくというユニークな番組です。 毎年恒例の番組になっていて、…

デスパイネの退団がこんなにも悲しいとは思わなかった

オフの去就が注目されていた千葉ロッテマリーンズのアルフレド・デスパイネ選手の退団が決定的となった。 公式発表はまだだが、球団本部長から「交渉は打ち切った」との声明が出ているので、退団は確実だろう。 【ロッテ】デスパイネとの交渉を打ち切り「非…

『ピコ太郎』とは何者か?『PPAP』とは何か?(動画あり)/遅咲き古坂大魔王のブレイク

先日、TBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」を聴いていたら、爆笑問題の二人がこんな会話をしていた。 太田「だから今、『ピコ太郎』が凄いからさ」田中「今もう世界だからね、『ピコ太郎』は」 ピコ太郎? 私は、爆笑問題のことについては知らないことはないと…

映画 闇金ウシジマくん Part3 感想「次作ラストへの布石的な作品/情報商材ビジネスの危うさ」

映画館で「闇金ウシジマくんPart3」を観てきました。 公開初日に観てきましたが、劇場の入りはとりあえず満員。すごい偏見ですが、観客はなんとなく「闇金に手を出しそうな」感じの人が多かったように思います(笑) 映画というのは、ジャンルや内容によって…

『シン・ゴジラ』を観て笑える神経が理解できない

(『シン・ゴジラ』未鑑賞の方は、鑑賞後の閲覧をオススメします) 映画『シン・ゴジラ』の2回目を観てきた。 相変わらず素晴らしい映画だった。凄まじい映画だった。間違いなく日本の映画史に残る作品だと思う。 さて、初回の時もそうだったのだが、ひとつ…

エヴァ・庵野秀明監督の映画『シン・ゴジラ』の公開がすごく待ち遠しい(7月29日公開)

エヴァンゲリオンで有名な庵野秀明監督が手がけたゴジラシリーズの最新作『シン・ゴジラ』が来る7月29日に公開される。 私はこの映画がとても楽しみでたまらない。まずは、『シン・ゴジラ』の予告を見てほしい。できれば音声の聞ける環境で。 ゴジラの雄…

映画『マネー・ショート』の感想と作中に出てくる金融用語の解説/リーマンショックの基礎知識

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を観てきました。 『マネー・ボール』を書いたマイケル・ルイスが原作で、リーマン・ショックを題材にした映画ということで、期待を胸に新宿TOHOシネマズに向かいました。(本当はスターウォーズを観に行ったのです…

SMAPの独立解散騒動は、爆笑問題が独立して干された事件を思い出させる

日本全体が騒いだSMAP独立解散騒動から数日経った。 一応はSMAP×SMAPの生放送でメンバー全員がファンに(あるいはジャニーさんに?)謝罪し、キムタクが「ただ前を見て進みたい」と宣言するかたちで幕を閉じた。 私はこの騒動を見ていて、NHKと国会でも話題…

「イニングまたぎ」はなぜいけないのか? プレミア12における印象的な続投失敗

野球中継を見ていると、解説者が「“イニングまたぎ”は注意しなければいけませんね」などと言っているのをよく聞く。「イニングまたぎ」とは、わかりやすいのが、9回に出てくる抑えのクローザーが諸般の事情で8回から登板し、そのままイニングをまたいで9回も…

甲子園ラガーさん問題、大人として恥ずべき行為 「8号門クラブという闇」

TVで夏の甲子園を見ていると、バックネット裏の観客席にひときわ目立つラガーシャツに黄色い蛍光帽の観客がいる。それが「ラガーさん」だ。いつ見ても、そこにいる。毎日同じ席に座っている。数年前から話題になり、甲子園名物としてメディアなどにも取り…

本田圭佑を応援するということの意義について ACミラン戦デビュー戦を控えて思うこと

イタリアの名門クラブACミランに移籍が決まった本田圭佑。彼の周辺はここ数日騒がしい。正式加入後初となるリーグ公式戦の対サッスオーロ戦に、早くもスタメン起用が予想されている。もうすでに私自身も気分が高揚して、応援したい気持ちでいっぱいだ。ス…

松井秀喜が一度も振らなかった6打席目の真相とは? 爆笑問題が語った見逃し四球の本当の意味

まだ記憶に新しい年末のTBS特番で、松井があの有名な5打席連続敬遠の投手と再戦するというので、これは面白そうだなと思って視聴した。結論から言うと、21年間の時を経た6打席目はフォアボール。2-3から松井は低めのきわどい球を見逃した。私はこ…

花巻東高校千葉翔太選手のカット打法問題について 「相手の嫌がることをする」というのはこういうことではない

今年の甲子園で最も話題になったのは、花巻東高校(岩手)の千葉選手であろう。二塁ランナー時におけるサイン盗み疑惑とともに、投球を故意にカットしてファールにするプレーが問題となった。大会本部と審判部は準々決勝後にこのファウル狙いは規約に抵触す…

「私が本田圭佑を好きな理由」W杯出場決定記者会見で空気を一変させた本田のコメントを聞いて

ザッケローニ率いるサッカー日本代表は、先日のW杯予選大会においてオーストラリア代表と引き分け、イラク戦を残しながらもW杯出場を決めた。その後、行われた記者会見では祝福ムードに包まれていた。和やかな雰囲気の中、MF遠藤は一言「めっちゃ嬉しいっス…