さようなら、憂鬱な木曜日

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

「残業はペナルティの対象として存在するべき」 残業は悪という風潮を若い世代で作っていこう

仕事・働き方 仕事・働き方-残業

日本には「残業する奴は頑張っている」と見られる風潮がある。
最初に言っておくが、私は残業が大嫌いである。ノマドワーカーと同じくらい嫌いである(サービス残業はノマドワーカーが霞むくらい大嫌いである)。私の会社は比較的残業代がつく方だと思うが、それでも出来る限り残業は避けたい。もし、お金がほしいのなら、残業代で稼ごうとか愚かなことは考えず、別の方法を模索する。私は残業が無能の証明だと思っている。残業する人間は愚かだし、残業をさせるような環境に憎悪を抱いている。

f:id:goodbyebluemonday23:20151002193722j:plain

残業はペナルティの対象とすべきである

最近は残業をなくそう、という気運も高まっているが、それでもごくごく狭い世界での話。個人的な感覚で恐縮だが、一般社会的にはまだ残業は是とされている。
それでは、なぜ残業する人間は一向に減らないのか。それは、残業をしている=頑張っている=評価が上がる(+残業代も貰える)という図式が崩れないからである。
残業が評価の対象になるなどあり得ない。勤務時間に自分の仕事を終わらせることのできない事務処理能力の低さと、時間管理能力の低さを露呈しているだけだ。
だから、残業はペナルティの対象となるべきなのである。極端なことを言えば、残業すればするほど給料が下がる仕組みになればいいと思っている。そうすれば、残業をする人など居なくなるだろう。

 

上司が言った「どうせ家帰ってもやることないしな」

私の以前の上司が積極的に残業をさせたがる人だった。私は非常にストレスが溜まったが、仕事の量も多かったし、最初のうちは仕方ないかなと思っていた、しかし、私は残業が嫌だったので、仕事を勤務時間に終わらせるやり方を提案した。しかし、その提案は却下された。理由は「非効率だ」というものだった。その数日後、また残業しなければいけなくなった日に上司はこう言った。「どうせ家帰ってもやることないしな」
私はこれを聞いた瞬間、憤怒ではらわたが煮えくり返りそうだった。結局、上司は家帰ってもすることがないから、残業をしていたわけである。部下である私を巻き添えにして。あんたはやることなくても、私には家へ帰ればするべきことが山のようにある。

 

「日本経済の競争力が落ちる」という批判に対する反論

こういうことを言うと、「日本経済の競争力が低下するぞ」という人がいる。果たしてそうだろうか。そもそも、自分の時間や家族との時間を犠牲にした残業で勝ち得た経済競争力などに、何の意味があるだろうか。欧米が日本に比べて残業の少ないことや、有給休暇取得率が高いことを考えれば、日本は効率的な仕事のやり方を生み出せていないだけといえる。逆に言えば、残業が絶対できない状況になれば、嫌でも効率的なやり方を考えなければならない。
また、これは余談で違った角度からのアプローチになるが、定時で家に帰る人が多くなれば、当然お金を使う機会も増えるだろう。どれほどの効果があるのかわからないが、日本経済にとってプラスになることは間違いない。

 

残業は悪という風潮を若い世代で作っていこう

上司が帰らないから帰り辛い…という人はたくさんいると思う。私も同じ経験があるし、現在でもそういう日はある。
結局のところ、ムード自体を変えなければ現状は打破されないと思う。私が提示した解決策は苦し紛れの「残業をペナルティの対象とするべき」という案だが、現実的には難しいだろう。ガラっと変わるほど容易い問題ではない。一人ひとりの意識が大切である。早く帰る同期を見て「あいつだけ早く帰りやがって…」と思うのではなく、「自分も早く帰ろうっと」と思う意識が大切だ。

 

まとめ

勘違いしないで欲しいのは、仕事が終わらず仕方なく残業している人の全てを批判しているわけではないということだ。給料が同じでも優秀な人にはいろんな仕事が舞い込むし、オーバーワークになることがままある(そういう組織は問題があるが、それはまた別の話)。
私が憎いのは、「残業が良い事」とされている旧態依然な日本の社会である。これは若い世代が力を合わせて払拭して行かなければならない。
お前、残業したくないだけだろって? 当たり前じゃないですか。仕事は勤務時間のうちに精一杯やって、勤務時間が終わったら自分の好きなことにその時間を費やしたいのですから。

 

<転職オススメサイト>

転職をお考えの方は、以下のサイト「ビズリーチ」の登録をオススメします。年収1,000万円以上の求人が多数掲載されています。

会員制転職情報サイト BIZREACH

登録無料です。