さようなら、憂鬱な木曜日

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

爆笑問題田中の畜生エピソード「誕生日会に誘わなかったやつが家に来た」

爆笑問題 爆笑問題-爆笑問題田中のエピソード

火曜深夜に放送しているTBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』を、もう15年くらい毎週聞いている。録音してiPodに入れて、通勤中に聴くのが日課だ。
先日の放送の中で田中裕二の凄い畜生エピソードがさらっと放送されていたのでご紹介したい。

その話は、「小学生の頃、クラスの全員が誕生日会に誘われたのに、私だけ呼ばれなかった」というリスナーのメールから始まった。

田中「友達20人のうち17人呼ぶなら残りの3人誘えって話だよな(笑)」

太田「え、お前がそれじゃん」

田中「そう、俺がそれをやって。それで、誘わなかったやつのうちの一人が(家に)来たんだよ。だけど、呼ばれてなかったから家に入れなくて、玄関が開く音がして、それで、「誰かきたー!」ってなって、玄関がバタン!と閉まって、そうしたら、下駄箱の上にプレゼントだけ置いてあって、人が居ないから、「おい!これ誰だ!?犯人誰だー!?」ってなっちゃうわけですよ(笑)」

太田「なんだったの?プレゼントは」

田中「プレゼントは、開けてみたら、別のやつがすでに俺にくれたのと同じプラモデル。まずかぶってんのなそれが(笑)それで「うわー、かぶった!」みたいなことになるわけよ。これはもうとんでもない犯罪者が出た!みたいなことになって(笑)」

太田「ひどいね、お前(笑)」

田中「子供だから、子供だから。」

太田「子供だからじゃ許されないでしょ(笑)」

田中「まず、もう、誰だよこれ!ってなって、もう謎。それで、「まだ、遠くには行ってないはずだ!追え!」みたいになって、それでみんなで散り散りになって走って、そうしたらさ、確かに呼んでなかったやつの一人が、歩いてたんだよ。それで、「いた~!」って言って。」

太田「かわいそう…。それでどうしたの?」

田中「もう捕まえて、「お前かー!」って言って…。」

太田「お前それおかしいだろ(笑)おかしいよ?」

田中「おかしいよ。馬鹿なんだよ、子供は。だから、呼ばれてないのにプレゼントを勝手に置いて、だったら名乗れと。もうそいつは半分泥棒扱いみたいになっちゃってるわけ、その中では。今考えたら、本当にひどいよ。本当にひどい話だけど、当時はみんな子供だから、まず「誰かきたー!」って言って行ったら、知らないプレゼントが置いてあるって段階でもうミステリーじゃん。」

太田「でもさあ、凄いいい子じゃん、その子は。呼ばれてもないのにプレゼントだけ持って、しかも顔も出さずに帰るんだよ?伊達直人以来居ないよ?そんなの。で、攻めたわけ?」

田中「それで泣いちゃってね。」

太田「泣いちゃったの!?」

田中「みんなで寄ってたかって「おい!なんで今置いて帰ったんだよ!」って言って。」

太田「ひどい…。悪魔だよ悪魔。」

田中「(その子は)「ごめん、ごめん!」って言って(笑)子供ってそんな馬鹿だから。」

太田「子供がみんなそうじゃない(笑)」

田中「しかもさ、「お前プレゼントかぶってんだよ!」ってね…。」

太田「その子、一生トラウマだよ。」

田中「だけど、俺はその二年後、そいつに財布を盗まれた(笑)」

太田「あ、じゃだめだ。それはだめだ(笑)それはしょうがない。」

(27.11.24放送 TBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』より)

ちなみに有名な話だが、爆笑問題は田中の方が圧倒的に頭がおかしい。凄いエピソードがたくさんある。箇条書きにして記すと、


・大学入試の日の朝、草野球をやって、そのまま会場へ行ってユニフォームのまま入試を受けた(そして受かった。)。
・大学の自己紹介の時に「俺をウーチャカと呼んでくれ」
・小泉今日子が好きだったため、「キョンキョンと俺はテトロポリキョン星人なんだ!(意味不明)」
・「俺はテトロポリキョン星人だから、オ◯ニーはしないんだ!(実際はすごいやってた)」
・ラジオの放送中にう◯こ漏らす(数年に一度ペース)
・プライベートで買い物中にう◯こがしたくなって、たまたま近くにあった太田の家へ突撃。トイレでズボンを下ろした瞬間力尽き、便器の蓋に漏らす。しかも、自分で処理した後、太田にそのことを内緒にして早々と帰る

止まらないのでこの辺で。
一見、太田の方が頭おかしいと思われがちだが、太田は田中に比べればまともな方で、非常に心優しいのだ。田中の頭おかしいところも好きだけど。本当に大好きなコンビ。