さようなら、憂鬱な木曜日

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

はじめての村上春樹 『中・長編小説個人的おすすめランキングと読む順番について』

本-村上春樹

私が村上春樹作品に初めて触れたのは、今から15年以上前、高校生の時でした。その世界観に衝撃を受け、それからずっと大好きな作家です。

村上春樹の作品はすべて読んだし、何度も読み返し、自分の中でかけがえのないものとなっていきました。村上春樹に関しては、右に出るものは居ない、というまではいきませんが、ある程度は語れると自負しています。

この記事では、「これから村上春樹を読む人」を対象に、村上春樹作品の、特に中長編小説の個人的おすすめランキングを紹介していきたいと思います。

気に留めておいていただきたいのは、このランキングは私の中の個人的評価であって、作品の良し悪しには関係ない、ということです。人には好みというものがあります。村上春樹を読み進める中で、「あなたにとって最高の村上春樹」を見つけることができれば良いと思っています。

それから、「何から読めばいいのかわからない」といった方向けに、私が考える村上春樹作品の読む順番についても書かせていただいています。初読者の方はそちらもご参考ください。

1位 羊をめぐる冒険

村上春樹初期の作品における最高傑作だと思います。この作品で「村上春樹ワールド」が確立されました。

物語は、主人公である僕が妻と離婚するところから始まります。

喪失感を抱えたまま、主人公はある奇妙な仕事を依頼を受けます。それは、「ある羊を探し出すこと」です。その仕事の依頼主は業界の大物で、断ることはできない依頼でした。

主人公は、魅力的な耳を持つ、耳モデルの女の子と知り合い、その子とともに北海道へ「羊」を探す冒険に出ることになります。

この作品は村上春樹作品の中でもエンターテイメント性が強く、しかしながら物語全体に喪失感、悲しげな雰囲気が漂っていて、そのバランスが非常に良いです。

デビュー作『風の歌を聴け』、2作目『1973年のピンボール』に次ぐ、初期4部作の3部目です(4部は『ダンス・ダンス・ダンス』)。しかし、私はこの作品から入っても全然良いと思います。

 

2位 1Q84

この作品は、1位の羊をめぐる冒険と甲乙つけがたいです。1Q84を読んでいるとき、「私は今とんでもない小説を読んでいるぞ」と何度も思いました。それくらいすごい小説です。

この小説は、主人公である予備校数学講師の天吾と、高級スポーツクラブインストラクターである青豆の視点から交互に描かれます。

村上春樹が昔から考えていた、ジョージ・オーウェルの名作SF『1984』を土台にして構想が練られ、1冊のノンフィクションを書き上げるほどに取材した「地下鉄サリン事件」の影響も強く受けています。

ある女子高生が、小説のような何かを書いて、新人賞に送ってきた。それを主人公の天吾がゴーストライターとして書き直し、新人賞を取ってしまった。しかし、その小説はいくつかの深い問題をはらんでいて、そこから物語は展開していきます。

私はこの作品を読んで、「新しい村上春樹」というものを感じました。まだ村上春樹作品に触れていない方は、何作品か読んだ後に、ぜひこの『1Q84』を読んでもらいたいと思います。

 

3位 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

「世界の終り」という物語と「ハードボイルド・ワンダーランド」という物語が交互に語られる、技巧的な作品です。

視点が変わるという意味では前述の『1Q84』と同じテクニックが用いられていますが、ひとつの小説の中で二つの物語を並行して進行させるというのは、村上氏の中ではこの作品が初めてだったのではないかと思います。

「世界の終り」パートは、ファンタジーに近い作風、「ハードボイルド・ワンダーランド」はその通りハードボイルドな作風です。語り口も雰囲気が変わって新鮮です。

最初は全然関連しそうもない二つの物語が、どこかで交差していたり、深い関連があったり、そのあたりは実際に読んで体験してみてください。

私はこの作品で、村上春樹の「小説家としての技術」というものをまざまざと見せつけられた気がしました。

村上春樹作品の中ではエンターテイメント性が強く、分厚い文庫本で2冊の分量ですが、読み始めると止まりません。

村上春樹氏は刊行後のインタビューで、この作品は短編集『カンガルー日和』に収録された「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」という短編小説から派生した作品であると述べています。

 

4位 風の歌を聴け

村上春樹デビュー作。まだ粗削りな村上春樹の作品です。

この作品が群像新人賞を受賞したときに、「アメリカ人作家の影響を大きく受けている」と評されました。

確かに、村上春樹のような一見翻訳調の文体というのは、純文学においては新鮮で、新しいものとして受け入れられました。

今ではその文体が「村上春樹文体」として広く受け入れられています。

この作品は、核となる物語性はありません。というよりむしろ、スケッチとしての村上春樹を味わう作品であると思います。

大学の夏休みに、バーで「小指のない」女性と知り合い、何度か会うようになります。

冒頭で引用される架空の作家デレク・ハートフィールドの「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」という文章が印象的です。

29歳になった主人公が、20歳の大学生の夏を回想する形で物語は進みます。

 

5位 ねじまき鳥クロニクル

法律事務所の事務員を辞めた僕と、編集者として働く妻クミコ。平穏だった夫婦生活は、飼っていた猫が失踪するところから、少しずつ崩れ始めていきます。

この作品に対して感じるのは、村上春樹作品の中でも、ヨーロッパ的、あるいはロシア的な印象です。

村上春樹という作家は、もともとカート・ヴォネガットやリチャード・ブローティガンといったアメリカ作家、アメリカ文学の影響を強く受けている作家であり、初期の作品にはその作風に色濃く反映されています。

しかし、この『ねじまき鳥クロニクル』においては、欧州的な重厚さ、物語全体が重いヴェールのようなものに包まれた感じを受けます。

物語途中で挟まれる、間宮中尉によって語られる「ノモンハン事件」についての独白は、もうそれだけで物語になるほど圧倒的で、引き込まれます。

ヨーロッパ文学が好きな人には強くオススメできますが、そうでない人にとって、最初の村上春樹作品としては、少し入りづらいかもしれません。

作中に『1Q84』で重要な役割を担う「牛河」が登場しています。

なお、この作品は、『パン屋再襲撃』という短編集に収められている「ねじまき鳥と火曜日の女たち」をベースに描かれています。この短編集は収録作品どれも最高に面白いのでオススメです。

あまり関係ないですが、作中に登場する加納クレタと加納マルタの姉妹は、叶姉妹をイメージせずにはいられません… 

 

6位 ダンス・ダンス・ダンス

この作品はとにかくキャラクターが魅力的です。

フリーライターとして「文化的雪かき」をする主人公、主人公の同級生で今は俳優の五反田君、特別な感受性を持つ魅力的な女の子ユキ、ユキの父親で小説家の牧村拓…

彼らを巻き込んで物語はスイングしていきます。

村上春樹の初期の作品には「羊男」という象徴的なキャラクターがいるのですが、この作品では重要なポジションを担っています。

音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。おいらの言っていることはわかるかい?踊るんだ。

という羊男の台詞が印象的です。

ミステリアスな物語、そして登場人物たちも皆どこかに影と喪失感を抱えながら、それでも現実生活を送っている。私は彼らのキャラクターが愛おしいです。

 

7位 1973年のピンボール

見知らぬ土地の話を聞くのが病的に好きだった」というキャッチーな一文でこの小説は始まります。

大学を卒業し、翻訳で生計を立てていた僕は、ふとしたことから双子の女の子と共同生活を始めることになります。

特に明確な物語性はありません。デビュー作「風の歌を聴け」と同じように、読中感、読後感を味わう作品だと思います。

この作品を読むなら、まずは「風の歌を聴け」を読んでほしいと思います。

 

8位 海辺のカフカ

村上春樹の長編小説の中ではかなり若い、15歳の中学3年生が主人公の作品です。

ある日、少年は父親に「母と交わり父を殺し、姉とも交わる」という呪いをかけられ、その呪いから逃れるために家出を決意し、東京から夜行バスに乗って四国の高松まで逃れます。そこで公立の図書館に通う生活をしていると、父親が自宅で殺された、というニュースを耳にします。

この作品は、読みやすい村上春樹作品の中でもさらにポップに書かれており、読み始めるのはそう抵抗ないと思います。

しかし作風は、「ちょっと変わった村上春樹」といった感じで、独特の展開をしていきます。主人公が子供、という部分も影響しているのかもしれません。

個人的には「村上春樹と言えば?」でこの作品を挙げるのは、ちょっと抵抗があります。

 

番外 ノルウェイの森

この作品は、村上春樹作品の中でも異質です。社会現象にもなりました。

親友が自殺し、喪失感に襲われながら、その親友のガールフレンド直子と行動を共にするようになる主人公。

死は生の対極としてではなく、その一部として存在している

作中に出てくるこの台詞は、今でも私の胸に中に重くのしかかっています。

親友キズキのガールフレンド直子、直子が療養する施設のスタッフであるレイコさん、同じ大学で出会った緑。出てくる女性は皆、何かしらの影を抱えていて、それが魅力になっています。

私は登場人物の中でも、主人公と同じ寮に住む年上の永沢さんが好きです。心に決めた彼女が居ながらも、ガールハントを続ける永沢さんは、悲しげに見えます。

『死』を中心に物事が語られることもあって、作品全体の雰囲気は重いです。この作品は、「最初に読む村上春樹作品」としては適していないと思います。

それでも読んでみたい方は、『螢・納屋を焼く・その他の短編』という短編集に収録されている『蛍』という作品から触れてみるのもいいかもしれません。この『蛍』は、『ノルウェイの森』の作中に出てくる一説を切り取ったような作品です。というより、ノルウェイの森の中盤は、この『蛍』を下敷きとして書かれました。

主人公と、寮のルームメイトである“突撃隊”の話です。私は大好きな話です。

 

村上春樹作品を読む順番について

個人的には、以下の作品が「初めての村上春樹作品」としてオススメです。

  • 羊をめぐる冒険
  • ダンス・ダンス・ダンス
  • 風の歌を聴け

これらの作品は、村上春樹作品の中でもボリュームが丁度よく、読みやすい作品だと思います。特に上記2作品は、物語性もあり、キャッチーなので、初めての方でもぐいぐいページをめくる手が止まらないと思います。

「羊をめぐる冒険」の紹介でも書きましたが、村上春樹の初期作品は、連作となっています。

第1部 風の歌を聴け
第2部 1973年のピンボール
第3部 羊をめぐる冒険
第4部 ダンス・ダンス・ダンス

この作品における主人公「僕」は同一人物だと言われていて、時系列的にも作品が進むにしたがって時代も進んでいきます。

とはいえ、この4部作は連なってはいるものの、どの作品から読んでも混乱するということはありません。

村上春樹に魅了された後で、この順番通りに読み返してみると新たな発見があるので、この4部作は「一応頭に入れておく」程度で良いと思います。決して読む順番を縛るようなものではありません。

「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」と「1Q84」は少し技巧的な書き方で書かれているので、初っ端の村上春樹作品としては、あまりオススメできません。しかし、2作とも本当に素晴らしい作品なので、絶対に読んだほうが良いと思います。この2作は、本当にすごい小説です。

 

すでに村上春樹を読みつくした方へ

すでに村上春樹を読みつくしてほかに読む本を探している人については、以下の記事がオススメです。

村上春樹が好きな人におすすめの海外小説 「まずはこの一冊」と「個人的ベスト」 - さようなら、憂鬱な木曜日