さようなら、憂鬱な木曜日

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

ピザハットのTwitterプロモーションがすごい!/「1 to 1マーケティングの神髄を見た」

エッセイ エッセイ-ピザハット

先日、夕食を終えた後、自宅で何気なくTVを見ていた。CM中、暇をつぶすためにスマホをいじっていたところ、あるCMがちょっと気になったので、以下のツイートをした。

他愛もないツイートである。

確かにそのCMでやっていたピザハットの星形のピザはおいしそうだった。機会があったら食べてみようと思った。それだけだ。その日は、何事もなく平和に夜が更けた。

 

それは祝日の夕方に寄せられたひとつのリプライ

次の日、月曜日の祝日だった。夕方ごろツイッターを見ていたら、あるリプライが私のアカウントに寄せられた。

ピザハット公式からのリプライ!

へ~、もしかして企業名とか商品名でサーチして自動ツイートとかするシステムを導入しているのかな、と思いつつ、そのピザハット公式の他のツイートを眺めてみた。

!?!?

これは確実にロボットではない。人間がきちんとツイートを見て、それぞれにしっかりとしたリプライ、あるいは返信RTでのメッセージを返している。それも気持ちが入りまくった絵文字顔文字を駆使して、必死に想いを伝えようとしている。

それを見た瞬間、私はなんだか嬉しくなってしまった。

中の人は、アルバイトかもしれない。仕事なんだから、全然気持なんかこもってないのかもしれない。

それでも私は、ピザハットに対して非常に親近感を覚えたし、きっと今度利用しよう、と思った。(単純なのだ)

正直言うと、ピザハットについてツイートしていたことなんか忘れてしまっていた。それを思い起こさせただけでも、これはすごい有効な戦略なのではないかと思った。

 

人間的な温かみを感じるピザハットのTwitterプロモーション

広告宣伝プロモーションのやり方は様々だ。多種多様にある。TVCMでどかーんと大衆にアピール、あるいはネット広告であるセグメントにターゲティングして訴求する、あるいは潜在顧客にダイレクトメールでセール情報を流す、などなど手法はあげればきりがない。

本事例のピザハットのツイッターマーケティングの本当に素晴らしいところは、「相手の顔が思い浮かぶ」というところである。実際に顔が見えるわけではない。だがツイッターでの個別のリプライを飛ばされたら、人間的な温かみを感じるのである。まるで、お店で買い物をした後に「いつもありがとうございます。またのご来店をお待ちしております」と本当に心を込めて言われるような、そんな気持ちになる。

私はまだそのピザハットの星形ピザを食べていないにも拘わらず、ピザハットに対する忠誠心(ロイヤリティ)がとても高くなっていたのだ。これは本当にすごいことである。

こんなストレートに決まる「潜在顧客の掘り起こし」はなかなかない。

 

企業アカウントの正しい使い方とは?

ユニークな企業アカウントというのは、これまでにも見たことがある。

例えば、NHKの公式ツイッター。今でもはもうなくなってしまったが、かなり過激な発言、あるいはウィットにとんだツイートをして人気を博した。しかし、公正公平な立場であるNHKの企業ツイッターがそんなツイートをしていいのか、という批判があり、そのようなツイートはやめてしまった。

あと思い浮かぶのが、SHARPの公式アカウントだ。自虐ネタ、担当者の趣味ネタなど、いわゆる「中の人」を強く意識させる内容が多く、人気が高かった。しかし私には、企業アカウントを私物化しているように感じられて、フォローするのをやめてしまった。確かにフォロワーは増えるかもしれないが、企業ツイッターの使い方としてはどうなのかな、と思っていた。

このピザハットの公式アカウント戦略というのは、企業のツイッター戦略として、非常に有効な手法だと感じている。

潜在的な顧客を呼び起こす、あるいはリピーターを増やす。その人その人に対して、隣に寄り添ってそっとささやきかけるような、そんなメッセージに感じた。

これこそ、1 to 1 マーケティングの神髄だと思う。

 

参考:私が食べたかった星形のピザ

f:id:goodbyebluemonday23:20160718204704p:plain