さようなら、憂鬱な木曜日

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

財務次官セクハラ問題におけるテレビ朝日の対応が「めちゃくちゃださい」と思った

財務次官によるセクハラを週刊新潮が報じたことにより次官が辞任した「財務次官セクハラ問題」に係るニュースが連日報道されている。

セクハラ被害を受けた女性記者が、どこの所属なのか不明であったが、先日、テレビ朝日が件の女性記者が自社の社員であることを公表し、会見した。

この問題については、いろいろな角度から論じられていて、それらを突っ込むとキリがないのだが、私はこのテレビ朝日の会見を見て、その内容があまりにひどく、むちゃくちゃださいと思ったので、今回は筆を執った。

 

 

テレビ朝日会見までの経緯

まずは、この問題の流れをあらためてまとめたい。

f:id:goodbyebluemonday23:20180419192735p:plain

f:id:goodbyebluemonday23:20180419192747p:plain

f:id:goodbyebluemonday23:20180419192756p:plain

f:id:goodbyebluemonday23:20180419192803p:plain

f:id:goodbyebluemonday23:20180419192811p:plain

流れとしてはこんな感じだ。

 

 

 

テレビ朝日の会見内容がひどすぎる

さて、このテレビ朝日の報道局長による会見の内容がひどかった。

まず、テレビ朝日は「女性記者が相談した上司の対応が不適切だった」ということは認めたものの、「取材情報を第三者に渡したことは、報道機関として不適切」だと遺憾の意を表明している。

 

はあ??

 

どうして女性記者は第三者に委ねなければならなかったのか。自分のところで報じてくれなかったからだろう。

女性記者が受けた被害と、そしてそれを上司に相談し、報道を懇願した事実があるにも関わらず、それを黙殺しようとしたことは、報道機関としてこれ以上ないほどの汚点ではないだろうか。

あんたの組織はいったい何なんだ、と言いたい。ジャーナリズムの欠片もない、恥ずべき対応をしたということを、「対応が不適切だった」の一言で済ませるな。

報道機関としてのプライドはないのか

テレビ朝日における報道とは、他社が取ってきたスクープに野次馬のように群がって、ただコメンテーターに無難なコメントをさせることが報道なのか。呆れる。

 

自社では黙殺しておいて、他社で報道され、社会的に問題が大きくなってきたところで「あ、うちの社員でした」と白状するのは本当にもう「小学校の学級会かな?」と言わざるを得ないほど低レベルな対応である(黙ったままよりはマシだが)。

そもそも、「本人の特定と二次被害への懸念」という、当初黙殺した理由が本当だとすれば、ここに来て自社の社員であることを公表したのはなぜなのか。まったく矛盾している。問題が大きくなりすぎて、「あ、これやべえな」とうろたえたからではないのか。

 

さらに、テレビ朝日はこの問題に対して、「財務省へ正式に抗議する」と表明した。

そして、世論の風向きを確認したところで、「正式に抗議する」とは、いったいどの面を下げて言っているのか。

ジャーナリズムもない、リスクも取らない、そして、こんな対応をしてしまったことに対する報道機関としての恥じらいもない、そして挙句の果てには今更「抗議する」と?

こんなだっさい報道機関はなかなかお目にかかれない。

 

 

テレビ朝日の『報道ステーションごっこ』

このニュースに対して、SNS上で「テレビ朝日は自らの非を認めた」として評価する声が上がっているのを見たが、私にはまったく理解できない。

私はこの一連の流れで、報道機関としてのテレビ朝日のレベルの低さに落胆した。

テレビ朝日が放映しているのは、『報道ステーション』ではなく、『報道ステーションごっこ』ではないのか。

報道機関とは何か。ジャーナリズムを持たない人間が、報道に関わることのないことを願う。

 

参考記事・動画

「女性社員が財務次官のセクハラ被害」テレビ朝日