さようなら、憂鬱な木曜日

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

【レビュー】耳を塞がないイヤホン「ambie sound earcuffs」がかなり良かった

最近、「耳を塞がないイヤホン」が流行っているというニュースを耳にしました。

普段ラジオをiPodnanoで聞きまくっている私としては、イヤホンにより耳への負担が気になっていたところだったので、「使えれば儲けもの」ぐらいの気持ちでambieの耳を塞がないイヤホンを購入してみました。

結論から言うと、「購入して大正解」です。

ということで、「ambie sound earcuffs」の使用感レビューをお送りいたします。

f:id:goodbyebluemonday23:20180416191536j:plain

耳を塞がないイヤホンってなに?

通常のイヤホンの場合、耳の穴を密閉するようなかたちでイヤーピースを装着するモデルが一般的ですね。

このambieの耳を塞がないイヤホンは、Uの字になっやイヤーピースを耳の外側に装着することによって、音伝管でもって音を耳穴までガイドし、耳穴を塞ぐことなく音を聞くことができるようになっています。

 

 

良いところ

鼓膜への負担感がほぼない

耳穴を塞ぐモデルのイヤホンは、やっぱり鼓膜への負担感が少しあります。

私は以前、カナル型の耳穴密閉型イヤホンを使用していましたが、確かに聞こえは良いものの、鼓膜に良くないな、と感じていました。

このambieのイヤホンは、イメージで言うと「耳の近くにスピーカーがある感じ」です。

イヤホンをしていない状態で、普通に会話したりする感覚で、音が耳に入ってきます。

だから、鼓膜への負担がほとんどないように感じます。

f:id:goodbyebluemonday23:20180416191624j:plain

 

 

イヤホンを外すことなく生活ができる

通常のイヤホンだと、コンビニでちょっと買い物したりするときに、常識的な人であればイヤホンを外しますよね。店員さんと何かしらのやり取りがあるので。

耳を塞がないイヤホンは、イヤホンから音は出ていますが、耳穴は完全に開放されているので、イヤホン装着状態でも会話に何の支障もありません。

これって別に買い物だけじゃなくて、日常的にイヤホンを装着しながら仕事している人とか、トレーニングジムで音楽を聴きながら運動している人とか、何かをやり「ながら」イヤホンで聞いている人って非常に多いと思います。

そんな「ながら」シーンでいちいちイヤホンを外すことなく、外部の音を聴きとれる、というのは非常に大きい特徴です。

私自身、もうすでに何度かこのイヤホンをしたまま買い物をしていますが、会話など、まったく問題ありませんでした。

 

 

音漏れが気にならない

耳を塞がないので、「音漏れ」が気になるところですが、これに関しても問題ないレベルです。

実際に装着し、音声出力した状態で、隣に立った妻に「音漏れしてる?」と聞いたところ、「全然してない」という回答でした。

音伝管技術により、音を耳の形状に合わせて送り込んでいるものなので、音が分散して外に漏れるということが抑制されているのだと思います。

電車などで装着しても問題ないでしょう。

 

 

再生・停止リモコンやマイク機能もある

ちょうど首のあたりに来るところにマルチファンクションボタンというのがあって、このボタンを押すと音楽の再生・停止と、スマホにおける通話ができます。

わざわざデバイスを取り出す必要がないので、なかなか便利です。

f:id:goodbyebluemonday23:20180416191557j:plain

さらに、このマルチファンクションボタンの裏にマイクがついていて、このマイクで通話もできます。

f:id:goodbyebluemonday23:20180416191605j:plain

 

 

気になるところ

装着には慣れが必要

冒頭にも説明したように、このAmbieはU字型のイヤーピースを耳に装着するタイプです。

f:id:goodbyebluemonday23:20180416193316p:plain

最初は装着に難儀するかもしれませんが、慣れれば何ということはないです。

耳たぶを持って、耳の外側を挟み込むような感覚で装着すれば、数回装着した程度で装着については問題なくなるでしょう。

 

 

長時間使用すると耳が痛くなってくる

構造上仕方のないことなのですが、耳を挟むイヤーピースなので、長時間装着していると耳が多少痛くなってきます。

耳が痛くなってきたらイヤーピースを外して、少し休ませてから装着するようにしましょう。

 

 

音質は普通レベル

はっきり言って、音質に期待してこのイヤホンを購入することはオススメしません。

音質であれば、密閉型のイヤホンにはかなわないです。

なぜなら、耳を塞がないために、外部の生活音が間違いなく耳に入ってきます。これは、メリットでありデメリットでもあります。

イヤホンからの音以外の音が耳に混ざりこむことで、音質という点においては注意したほうがいいでしょう。

ただ、「音質が悪い」というわけではなく、あくまで普通レベルです。気にならない人にとっては、違和感なく音を楽しむことができるでしょう。

私は聞いているのが99%ラジオなので、「聞こえればいい」という感じでまったく問題ありませんが(笑)

 

 

 

注意点

耳の形によっては合わないかもしれない

耳を挟み込んで装着するタイプなので、耳の形状によっては合わない方もいるかもしれません。

できれば、量販店などで試着した上で購入すると間違いないですね。

まあ、特殊な形の耳でなければ問題ないと思います。私は全然オッケーでした。

 

プラグの形状について

プラグはこんな感じの形状です。いわゆる3.5mmイヤホン端子ってやつです。

f:id:goodbyebluemonday23:20180416191652j:plain

最近のiPhoneはLightning端子になっているので、もしLightning端子に差し込みたいときは、変換プラグも合わせて買う必要があります。

ちなみにBluetooth対応のワイヤレスタイプもあります。

 

 

価格やカラーについて

価格はAmazonで5,940円(税込)です。

Bluetooth対応のワイヤレスタイプは12,960円(税込)です。

 

 

色は「黒」「緑」「白」「水色」「オレンジ」「ベージュ」の6種類です。

気になる方は是非試してみてください。