さようなら、憂鬱な木曜日

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

はあちゅうさんの「金を出さない人はファンじゃない」発言にとても悲しくなった

インターネット上で一部に人気のクリエイターはあちゅうさんがTwitter上でした発言が話題になっている。

「お金を使ってくれない人はファンと呼ばない」

クリエイター活動にはお金が必要だから、お金を出さない人はファンではないらしい。このツイートには当然批判も多くあって、リプライ欄はかなり賑わっている。

私はこの発言を聞いてとても悲しくなった。はあちゅうさんのことを“ちょっと良いな”“なんか好きだな”と思っている人たちのことを思うと、胸が痛くなった。

 

この発言までの経緯

冒頭のはあちゅうさんのツイートには背景がある。

『MUSIC VIDEO』などで知られるミュージシャンの岡崎体育さんが開設したファンクラブ「bitfan」の仕組みが、「お金を使えば使うほど優遇されるシステム」だったために炎上した。

「こんな叩かれると思わんかった」 岡崎体育、日本初のファンクラブシステムに批判殺到 SNSで真意を明かす - ねとらぼ

このシステムに対して、「ファンに優劣をつけるな」「お金のない小中学生は置き去りか?」などと批判が相次いだらしい。

この炎上を受けて、岡崎体育さんはTwitter上で謝罪している。

 

岡崎体育さんの炎上があって、「ファンに優劣をつけるのはどうなのか」という議論が巻き起こり、その議論の中でのはあちゅうさんの「お金を出さない人はファンじゃない」という発言に至るわけである。

この発言を聞いた私の率直な感想としては、「クリエイター(と呼ぶべきかどうか…)にあるまじき想像力の貧困さ」である。まったく呆れた。

私はもともとはあちゅうさんのファンでもないし、著作物もまったく読んだことがないが、こんな人の作ったものを今後買ってみよう、という気にはまったくなれない。

 

「ちょっと良いな」と思っているファンを切り捨てた愚かさ

そもそも、世間の人というのは、「ファン」か「ファンじゃないか」に分かれているわけではない。はあちゅうさんの著作や商品をなんでも買う人と、彼女の存在さえ知らない人の二分ではない。

その中間に何層もあって、「けっこう好きだから、気になったものは買う」人や「嫌いだけど、買う」人もいて、さらには「好きだけど本は買わない」人や、「好きだけど、本は気になったら買う」程度の人もいるわけである。

私が心を痛めたのは、「はあちゅうさんの本とかは買ったことがないけれど、発言とか考え方は好き」という人たちのことだ。

はあちゅうさんは、彼女たちのことを「ファンじゃない」と言って切り捨てた。

たとえて言うなら、店先に並べてある商品を「いいな~」と思って見ている最中に、店の奥から店主が出てきて「あんたは客じゃない!帰れ!」と言われるようなものである。

せっかく「いいな~」と思っていて、もしかしたら買うかもしれないのに、店から「帰れ」と言われた。もしかしたら、その日は買わないで帰ったとしても、友達に「あの店いいよ~」と言ってくれたかもしれない。

帰れ!と言われたお客さんの気持ちを考えると悲しくなる。

 

 

潜在層を無視することは、二流以下のすること

そもそも、直接的に結びつく購買行動ではなく、金銭的な消費を伴わない行動でも、クリエイターを経済的に潤すことは可能だ。

例えば、はあちゅうさんのようにメディアに多く出る人であれば、上記のような「潜在的なファン」が多ければ多いほど、企業から仕事の声はかかりやすくなる。

人気があってイメージの良いタレントにCMオファーが来るのと同じである。

「あの人が宣伝してるから、買ってみよう」という人が多ければ多いほど、広告効果は高くなり、次の仕事も舞い込みやすくなる。

ちょっといいな」と思っているいわゆる潜在層を無視することは、一流への道をあきらめた人間がやりがちなことだ

内輪でワイワイやって、自分たちだけで楽しむ。絶対にメジャーにはなれない。

 

 

「お金がないと活動できない」は才能が無いだけ

そもそも、「クリエイターはお金が必要」という主張自体、はっきり言って恥ずかしい理屈である。

当然生活できるだけの資金は必要だが、創作活動においてお金がかかるものは限られているし、それこそ執筆活動なんて、経費がかかってもたかが知れている。

お金をかけないと良いものが作れない」というのは、へそで茶が沸いてしまう。それは、自分には才能がない、と大声で言っているようなものだ。

良い作品を世に送り出していれば、それを認める人から仕事の話が来て、活動費に困るようなことはない。活動費を「ファンからのお布施」に頼る時点でそもそもクリエイターとして終わっている。

自分で良い作品が作れないことを「お金を出さないファン」のせいにして、好意的な感情を持つ人を切り捨てた。何様なんだ、お前は。

一生懸命毎日生活して、余裕のない生活の中で、本は買えないけれど、あなたのTwitterやブログを励みにしている人がいたら、いったいどういう申し開きをするつもりか。それでも、「本を買わないならファンじゃない」と言うつもりか。

 

はあちゅうさんは表現者に向いていない

彼女は続くツイートでこうも言っている。

「お金を出せないのはそちらの問題」

この発言から、自分とファンとの間には大きな壁があって、その壁を上ってきたいのならお金を払いなさい、というはあちゅうの考え方が垣間見える。選民思想であり、「貧乏人に用はない」というメッセージに聞こえる。

 

そもそも、お金でしか自分の価値を確かめられない、というのなら、はあちゅうさんは表現者をやめたほうがいいと思う。

表現者というのは、お金よりも先に「伝えたい想い」「表現したいもの」があって、お金は後からついてくる。はあちゅうさんは、自分の表現力が三流以下なのに、ビジネス的な側面が全面に押し出ているから、いったい何を伝えたいのか、何を表現したいのかわからない。

彼女が本当に「自分がクリエイターである」と思っているのなら、本当のクリエイターにとても失礼だ。本気で表現しようとしている人への愚弄である。

今の考え方のままなら、絶対に別の商売をやったほうがいい。ファンの気持ちを考えられない人に、クリエイターは向いていない