さようなら、憂鬱な木曜日

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

吉野家で起きたちょっとだけ笑える話「中国人の店員とおばあちゃん」

エッセイ エッセイ-吉野家

今日のお昼、外出先の駅前の吉野家に入った。店内には、サラリーマン風男性2人と80歳くらいのおばあちゃんがいた。

私はカウンターに座るおばあちゃんの隣に、一つ席を空けて座り、店員に牛丼を注文してしばし待っていた。

ほどなく、隣に座るおばあちゃんが食べ終えて、会計をしようとしていた。カウンターにいたのは、日本語のたどたどしい中国人風の若者だった。

=====

店員「テポテトカド、アリマスカ?(Tポイントカード、ありますか?)」

おばあちゃん「は!?」

店員「テポテトカド、アリマスカ?(Tポイントカード、ありますか?)」

おばあちゃん「は!?」

店員、ちょっと困る。

店員「テポテトカド…、アリマスカ…?(Tポイントカード…、ありますか…?)」

おばあちゃん「え!?なに!?わたしわからない!!」

店員「アノ…、ポイント…、タマルヤツ…(あの…、ポイント…、貯まるやつ…)」

おばあちゃん「ポイント!?パチンコ屋のポイントカードならあるよお!

(ここで牛丼を吹きそうになる私)

======

そもそもが聞き取り難易度の高い日本語と、おばあちゃんがTポイントカードの存在を知っているのかどうか怪しいというコンボが、何やら滑稽な場面を創出してしまった。

その後、店員はあきらめて、何も言わずにレシートを渡していた。

おばあちゃんは「ポイント…ポイント…」と呟きながら店を出ていった。

*****

私が思ったのは、「Tポイントカード」というものは、ここまでに日常生活に影響を与えているのだということだ。

Tポイントカードがなければ、牛丼を食べて、お会計を済ませてそれで終わりだったはずだ。

しかし、そこに、「Tポイントカード、ありますか?」という一言が挟み込まれたことによって、今回の喜劇が生まれてしまった。

この影響をどう捉えるか。

私は、ちょっと可笑しくなってしまったから、「Tポイントカード=笑いの機会創出」ということでいいかなと思っている。今回に限り。