さようなら、憂鬱な木曜日

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

FREE POWER(フリーパワー)という『電池不要の自転車アシストギア』がすごいらしい

私は主に週末、クロスバイクに乗って街乗りを楽しんでいるのですが、先日、同僚からこんなことを聞かれました。

フリーパワーって知ってる?

私はフリーパワーを知らなかったので、よくよく話を聞いてみると、「自転車の歴史を変えるすごい商品」らしいのです。

数日前にテレビで特集をされたらしく、その特集を見た同僚は、興奮しながら私に「フリーパワーすごいよ!」とまくし立ててきたのです。

「なにがすごいの?」と詳しく話を聞こうとしたのですが、「電動自転車じゃないのにペダルが軽くなる」ということしか伝わってきませんでした(笑)

なので、気になった私は、自分で調べてみることにしました。

f:id:goodbyebluemonday23:20180709202117j:plain

 

FREE POWER(フリーパワー)ってなに?

フリーパワーとは、一言でいうと、「電池のいらない自転車アシストギア」です。

電動じゃないのにペダルが軽くなるという魔法のような商品です。

株式会社FREE POWERが開発し、サイクルオリンピックという全国チェーンの自転車屋が代理店として販売を請け負っています。

要するに、フリーパワーのギアを取り付けると、電動じゃないのに電動自転車のように楽にこげるということですね。

そんなすごい商品あるわけないだろ?」と思いませんか?私も最初はそう思いました。

しかし、仕組みを理解すると、「なるほどこれはすごい商品だ!」と感銘を受けてしまいました。

 

 

FREE POWER(フリーパワー)の仕組みは?

フリーパワーがなぜ電力を使わずに、ペダルを軽くできるのか?

それは、「デッドゾーン」でシリコーンの反発力を利用しているからです。

デッドゾーンというのは、ペダルが時計で言う12時と6時に来る状態。この状態だと、力がほとんど入らず、坂道などではこのデッドゾーンで推進力が失われることで非常に苦しい状況になります。

f:id:goodbyebluemonday23:20180709201803j:plain

フリーパワーは、デッドゾーン以外でギアに内蔵したシリコーンが潰れる仕組みになっており、デッドゾーンでその潰れたシリコーンが反発することによって、その反発力がペダルをこぐアシストとなっているのです。

f:id:goodbyebluemonday23:20180709211815g:plain

 (gif画像なので読み込みが終わると動きます)

 

 

FREE POWER(フリーパワー)はどれぐらい速くなるの?

フリーパワーによって一体どれくらいペダルをこぐのが楽になるのか。

様々な状況でテストを重ねた結果、加速性能はフリーパワーを付けると20%アップすることがわかりました。

平地だけではなく、坂道ではさらにその性能を感じられることでしょう。

さらに、フリーパワーの恩恵は、加速性能だけではなく、筋肉や骨への負担軽減というかたちでも現れます。

ギアにシリコーンが内蔵されることによって、ペダルの踏み心地はなめらかになります。このなめらかさが、筋肉や骨への負担軽減となるのです。

裸足で外を走るのと、クッションのついた靴で外を走る違いのようなものです。

膝への負担も、フリーパワーによって衝撃が緩和されます

 

 

FREE POWER(フリーパワー)はどうやって取り付けるの?

フリーパワーは車種別にそれぞれ大きさがあり、ほとんどの自転車に取り付けられると説明されています。

今乗っているあなたの自転車にも取り付けることができます。

取り付けは、現在のところ正規販売元である「サイクルオリンピック」での取り付けのみ、となっています。

ネット販売や通販もまだ行っていないようですので、現在はサイクルオリンピックが唯一の窓口になります。

サイクルオリンピックには、フリーパワーが最初から搭載されている新車も販売されている、とのことです。

 

 

 

FREE POWER(フリーパワー)の値段は?

さて、気になるフリーパワーのお値段ですが、なんと工賃込みで12,000円~14,000円です。

破格だと思いませんか?電動機付自転車が10万円以上する相場を考えれば、破格の値段です。

ちなみに、シリコーンの耐久性は約3年だそうです。ギア自体はメンテナンスをすればそのまま使用できるようです。

 

さあ、今すぐサイクルオリンピックへ!…と言いたいところなのですが、このフリーパワー、現在注文が殺到しすぎて一部品切れ状態だそうです。

フリーパワー搭載車の試乗についても、土日だと相当待つようで、そのうえお問い合わせも殺到してHPでお詫び文が掲載されるほどに…

 

今のところ、次回入荷は8月下旬とのことなので、入荷されたら私もさっそく取り付けてみたいと思います。

そして、そのレビューをこのブログで紹介したいと思います。

自転車ライフがどんなふうに変わるのか、今から楽しみです。

 

 

まとめ

最後にフリーパワーについての情報をまとめておきましょう。

  • フリーパワーは『電池のいらない自転車アシストギア』
  • シリコーンの反発力を利用して、ペダルをアシスト
  • ほぼすべての自転車に取り付け可能
  • 取り付けはサイクルオリンピックのみ
  • 価格は12,000円~14,000円
  • 現状は車種によって品切れ中。次回入荷は8月下旬

もっと詳しく知りたい方は、下記の公式ホームページをご覧ください。

 

 

 

参考リンク

株式会社フリーパワー

サイクルオリンピック フリーパワー

フリーパワー よくある質問

フリーパワー 坂道比較動画

 

 

こちらの記事もオススメ

悪い自転車屋の特徴と良い自転車屋の見つけ方

 

「Amazon Fire TV Stick」×「DAZN」で観るプロ野球 & F1が最強すぎる

昨年から我が家ではAmazon Fire TV Stickを導入して、生活のクオリティが向上したのですが、今年からさらにFire TV Stickライフが一段レベルアップしました。

それが、「DAZN(ダ・ゾーン)」の導入です。

 

ファイアースティックは、TV画面でAmazonプライムが見られるだけでなく、アプリをダウンロードすれば、ネットフリックスでもYoutubeでも見ることができます。

私は今年から「DAZN」の有料会員になりました。

結果的に「Amazon Fire TV Stick」×「DAZN」が最強すぎる、という結論に至りました。

 

DAZNのココがすごい!

DAZNに加入した一番の要因は、何といっても「日本プロ野球」の全試合配信(巨人主催除く)です。

昔は地上波で放映していたプロ野球も、今ではほとんどが有料放送になっています。

今現在、プロ野球を見るには、

  • スカパー プロ野球セット(約4000円/月)
  • パリーグTV(約1500円/月)
  • 楽天TV(約700円/月)

のような選択肢があります。

パリーグTVと楽天TVはパリーグしか配信していないし、ファイヤースティックにも対応していません。スカパーは導入コストがかなり高いので、私は加入していませんでした。

今年からDAZNに入会したことで、私はリビングの大画面でプロ野球を楽しむことができるようになりました。

f:id:goodbyebluemonday23:20180616194747j:plain

昨年まではパリーグTVをパソコンのモニタで見ていたわけですが、リビングの大画面TVで見るプロ野球は、また一味違います。

「DAZN最高」と何度思ったことか!

30秒程度のディレイ放送なのですが、私にとっては多少のディレイは全く気になりません。

もちろんアーカイブも残ってるので、「さっきのあのプレーもう一回観たい!」と思えば、ちょっと巻き戻して観ることも簡単に可能です。

 

 

F1ゾーンがすごい!

DAZNに加入したことでの予想外の恩恵は、「F1ライフを取り戻せた!」ということです。

F1の視聴環境というのは、これまで、日本で観るためには「スカパーのF1セット」に加入するしかありませんでした。

数年前まで加入していたのですが、月に5000円近くするので、F1熱が冷めたころに解約してしまいました。

DAZNではF1も配信しています。私は、DAZNの加入で、またF1の世界に戻ることができました。

やっぱりF1は楽しい!今年はホンダエンジンを搭載する「トロロッソ・ホンダ」を応援しています。

 

さらに、DAZNのF1中継で凄いのが、「F1ゾーン」というモードです。

これは、通常のレース映像に加えて、

  • ドライバーのオンボード映像(右上)
  • ライブタイミング(各ドライバーごとのラップタイム)

が表示されるモードです。

f:id:goodbyebluemonday23:20180616194810j:plain

F1中継を観る人にとって、ライブタイミングがあるのとないのでは全く楽しみ方が違ってきます。

ライブタイミングがあれば、映像に映っていないマシンの状況、例えば下位のマシンがすごい勢いで追い上げてきていたりするのがラップタイムでわかるので、楽しみ方が数倍膨れ上がるのです。

DAZNはF1もややディレイ放送になっているので、公式のライブタイミングを使うと映像と整合性が取れないのですが、F1ゾーンモードでレース映像と同時に配信することにより、映像と連動したライブタイミングが見れるわけです。

これは超画期的で、ほんとにDAZNありがとう!とF1を観るたびに思っています。

ちなみに、F1ゾーンモードじゃなくて、普通に画面いっぱいにレース映像が配信されるかたちでも観ることはできます。

 

 

DAZNの月額料金は?

DAZNの月額料金は通常1750円です。

正直これでも破格の安さです。プロ野球全試合とF1が観れて、さらに自分はあまり見ないけどJリーグ全試合とテニスとロードレースと格闘技とかもろもろ見放題で、2000以下って!

配信ジャンルは以下のメニュー表の感じで、こんなに幅広くやってます。

f:id:goodbyebluemonday23:20180616194821j:plain

さらに、私はdocomoユーザーなので、なんと月980円です。

普通にスカパー入ったら4,000円以上するのに、DAZNなら1,000円以下です。もう信者でいいです。私はDAZN信者でいいです。

 

 

「アマゾンファイアーTVスティック」×「DAZN」という最強の組み合わせ

「アマゾンファイアーTVスティック」×「DAZN」で2018年の私の趣味生活はガラッと変わりました。

リビングでリラックスして、冷たいビールを飲みながら(下戸なので本当はジンジャーエール)、ゆっくりと時には熱くスポーツ中継を観る。これは想像以上に快適な、素晴らしい時間です。

スポーツが好きな方は、是非、この2つの導入を検討してみてはいかがですか?

(DAZNはFire TV StickをTV画面上で操作すればダウンロードできます。)

 

Amazonの「Fire TV Stick」について詳しく知りたい方は以下の記事を。

Amazonの『Fire TV Stick』を買ったら生活のクオリティが予想以上に向上した話

 

 

「Fire TV Stick」購入はAmazonでどうぞ。