さようなら、憂鬱な木曜日

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

焼き肉食べ放題でライスを頼むと遠回しに非難してくる人について

焼き肉食べ放題に行った。一人3,980円でメニューにある肉などが食べ放題のコースである。

私は、焼き肉を食べるとき、絶対にライスが欲しい。肉と一緒にライスもどかどか食べる。

脂っこい肉をライスで中和させることによってよりバランスの取れた味わいになるし、焼き肉のタレと言うのはご飯と相性抜群だからだ。

だから、私は1度目の注文で肉と一緒に必ずライスも頼む。

私が「ライス一つ」と頼むと、たまーにこんなことを言ってくる人がいる。

「安上りだね~」

「もったいないよ~」

言われ方は様々だが、要するに「焼き肉食べ放題でライスを頼むのはナンセンス」ということらしい。

こういう類の非難を受けるたびに、私は彼らとの価値観の違いに呆れて悲しくなる。

 

 

肉をたくさん食べて元を取るという発想

彼らの「ライス不要論」の発想の根底には、「肉をたくさん食べて元を取る」というものがある。

確かに、ごはんを食べることによって満腹になる分を、代わりに肉を食べれば、注文する金額というのは高くなるのかもしれない。

肉5人前+ライス2杯と、肉10人前のみであれば、後者の方が原価は高いだろう。

彼らは、約4000円の元を取ることに躍起になっている。だから、ライスで空腹を満たすことなどありえないのだ。

そう思うだけならまだしも、「焼き肉でライスを頼むやつは身分が下」とまで思い込み、マウンティングを取ってくる輩さえいる。恐ろしい。

 

 

むしろ、ライスのために焼き肉がある

しかし、私からすると、彼らの発想は根本から間違っていると言わざるを得ない。

私たちはなぜ焼き肉食べ放題へ行くのか?それは、「お肉を食べて幸せな気持ちになりたいから」であろう。

その本質を見誤って、「とにかく肉をたくさん食べること」に意識が向いてしまっては、本末転倒なのだ。

私にとって、焼き肉を食べる際の最高のパフォーマンスを引き出すためには、ライスが絶対に必要不可欠なのだ。ライスなしの焼肉などあり得ない。むしろ、ライスのために焼き肉があるのだ。

もちろん、それは人それぞれだと思う。

だが、焼き肉にライス派は、ライスを頼まない人に対して非難したりはしないのに対して、焼き肉にライス不要派は、ライス派を執拗に攻め立ててくるのだ。

焼き肉ライスは、自分の幸せを追求しているだけだ。ライスを食べることは同行者の迷惑にはならない。ただ、ごはんを一緒に焼き肉が食べたいだけだ。

それなのに、なぜ非難されなければならないのだろう。

 

 

原価でしか価値を測れない人間は、他人を不快にさせる

焼き肉にライス不要派の人生は悲しい。すべてにおいて、「モノやサービスの価値を原価でしか測れないから」だ。

原価でしか測れないということは、モノの価値を正しく認識することができない、と言える。

価値観が多様化した現代において、この価値認識能力の欠如は、致命的と言える。要するに馬鹿だ。

物やサービスの値段は、購入者やサービスの享受者の満足度によって決まる。

他人から見たら高い買い物でも、実際に購入した人が、その値段と物の品質に満足していれば、それは成立する。

それがわかっていない人間は、原価のかからないものに対して料金を請求すると、「タダでやってよ~」とか間抜けなことを抜かす。

それは例えば、プロの絵描きが友人から「タダで絵描いて」と言われるようなものだ。

すべてを原価でしか測れない人間は、他人に不快な思いをさせる。

 

 

まとめ

「価値認識能力」というのは、現代を幸せに生きるためには非常に重要な能力であるが、簡単に身につく能力とは言えない。

この能力は、知識や教養、時事や国際情勢、感受性、想像力など、複合的な知識と能力が組み合わさってはじめて醸成されていく。

なかなか人に教えることは難しい。

だから、私は、いくら非難されようとも、焼き肉でライスを食べ続ける。それが、私にとってもっとも品質の高い食べ方だからだ。他人に理解してもらう必要はないのだ。

 

あと、なんで焼き肉の時はライスっていうのだろうか。

FREE POWER(フリーパワー)という『電池不要の自転車アシストギア』がすごいらしい

私は主に週末、クロスバイクに乗って街乗りを楽しんでいるのですが、先日、同僚からこんなことを聞かれました。

フリーパワーって知ってる?

私はフリーパワーを知らなかったので、よくよく話を聞いてみると、「自転車の歴史を変えるすごい商品」らしいのです。

数日前にテレビで特集をされたらしく、その特集を見た同僚は、興奮しながら私に「フリーパワーすごいよ!」とまくし立ててきたのです。

「なにがすごいの?」と詳しく話を聞こうとしたのですが、「電動自転車じゃないのにペダルが軽くなる」ということしか伝わってきませんでした(笑)

なので、気になった私は、自分で調べてみることにしました。

f:id:goodbyebluemonday23:20180709202117j:plain

 

FREE POWER(フリーパワー)ってなに?

フリーパワーとは、一言でいうと、「電池のいらない自転車アシストギア」です。

電動じゃないのにペダルが軽くなるという魔法のような商品です。

株式会社FREE POWERが開発し、サイクルオリンピックという全国チェーンの自転車屋が代理店として販売を請け負っています。

要するに、フリーパワーのギアを取り付けると、電動じゃないのに電動自転車のように楽にこげるということですね。

そんなすごい商品あるわけないだろ?」と思いませんか?私も最初はそう思いました。

しかし、仕組みを理解すると、「なるほどこれはすごい商品だ!」と感銘を受けてしまいました。

 

 

FREE POWER(フリーパワー)の仕組みは?

フリーパワーがなぜ電力を使わずに、ペダルを軽くできるのか?

それは、「デッドゾーン」でシリコーンの反発力を利用しているからです。

デッドゾーンというのは、ペダルが時計で言う12時と6時に来る状態。この状態だと、力がほとんど入らず、坂道などではこのデッドゾーンで推進力が失われることで非常に苦しい状況になります。

f:id:goodbyebluemonday23:20180709201803j:plain

フリーパワーは、デッドゾーン以外でギアに内蔵したシリコーンが潰れる仕組みになっており、デッドゾーンでその潰れたシリコーンが反発することによって、その反発力がペダルをこぐアシストとなっているのです。

f:id:goodbyebluemonday23:20180709211815g:plain

 (gif画像なので読み込みが終わると動きます)

 

 

FREE POWER(フリーパワー)はどれぐらい速くなるの?

フリーパワーによって一体どれくらいペダルをこぐのが楽になるのか。

様々な状況でテストを重ねた結果、加速性能はフリーパワーを付けると20%アップすることがわかりました。

平地だけではなく、坂道ではさらにその性能を感じられることでしょう。

さらに、フリーパワーの恩恵は、加速性能だけではなく、筋肉や骨への負担軽減というかたちでも現れます。

ギアにシリコーンが内蔵されることによって、ペダルの踏み心地はなめらかになります。このなめらかさが、筋肉や骨への負担軽減となるのです。

裸足で外を走るのと、クッションのついた靴で外を走る違いのようなものです。

膝への負担も、フリーパワーによって衝撃が緩和されます

 

 

FREE POWER(フリーパワー)はどうやって取り付けるの?

フリーパワーは車種別にそれぞれ大きさがあり、ほとんどの自転車に取り付けられると説明されています。

今乗っているあなたの自転車にも取り付けることができます。

取り付けは、現在のところ正規販売元である「サイクルオリンピック」での取り付けのみ、となっています。

ネット販売や通販もまだ行っていないようですので、現在はサイクルオリンピックが唯一の窓口になります。

サイクルオリンピックには、フリーパワーが最初から搭載されている新車も販売されている、とのことです。

 

 

 

FREE POWER(フリーパワー)の値段は?

さて、気になるフリーパワーのお値段ですが、なんと工賃込みで12,000円~14,000円です。

破格だと思いませんか?電動機付自転車が10万円以上する相場を考えれば、破格の値段です。

ちなみに、シリコーンの耐久性は約3年だそうです。ギア自体はメンテナンスをすればそのまま使用できるようです。

 

さあ、今すぐサイクルオリンピックへ!…と言いたいところなのですが、このフリーパワー、現在注文が殺到しすぎて一部品切れ状態だそうです。

フリーパワー搭載車の試乗についても、土日だと相当待つようで、そのうえお問い合わせも殺到してHPでお詫び文が掲載されるほどに…

 

今のところ、次回入荷は8月下旬とのことなので、入荷されたら私もさっそく取り付けてみたいと思います。

そして、そのレビューをこのブログで紹介したいと思います。

自転車ライフがどんなふうに変わるのか、今から楽しみです。

 

 

まとめ

最後にフリーパワーについての情報をまとめておきましょう。

  • フリーパワーは『電池のいらない自転車アシストギア』
  • シリコーンの反発力を利用して、ペダルをアシスト
  • ほぼすべての自転車に取り付け可能
  • 取り付けはサイクルオリンピックのみ
  • 価格は12,000円~14,000円
  • 現状は車種によって品切れ中。次回入荷は8月下旬

もっと詳しく知りたい方は、下記の公式ホームページをご覧ください。

 

 

 

参考リンク

株式会社フリーパワー

サイクルオリンピック フリーパワー

フリーパワー よくある質問

フリーパワー 坂道比較動画

 

 

こちらの記事もオススメ

悪い自転車屋の特徴と良い自転車屋の見つけ方