さようなら、憂鬱な木曜日

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

「俺のグリル&ベーカリー」大手町に行ってきた|極上のTボーンステーキ

東京大手町で8/31にOPENした「俺のグリル&ベーカリー大手町」に行ってきました。

俺のイタリアンや俺のフレンチなどで有名な「俺の株式会社」系列のステーキ専門店です。

たぶん人気だろうと思ったので、ネットで事前予約。簡単な登録でぽちっと予約できました。

今回は日曜日のお昼に行ってきたのですが、大手町というビジネス街なので、土日だと予約しやすいのかもしれません。

 

場所は大手町駅直結ですごく便利。予約時間になるとすぐに店内に入ることができました。

店内のイメージ的にはアメリカのちょっと良いレストランっぽい感じです。

店内全体が見渡せるなかなか良い席に案内してもらいました。

 

メニューはこんな感じです。

f:id:goodbyebluemonday23:20181028171649j:plain

f:id:goodbyebluemonday23:20181028171706j:plain

f:id:goodbyebluemonday23:20181028171714j:plain

私たちは、この店のフラッグシップメニューっぽいTボーンステーキ2人前(900g)とチョップドサラダ、食パンとライスを頼みました。あと、ソースも別料金で、ガーリックソースを頼みました。

 

注文したドリンクを飲んでいると、ピアノの演奏と歌手の生歌が始まりました。俺のグループに所属しているアーティストらしいです。すごいですね。本当にこのへんはアメリカっぽい。

f:id:goodbyebluemonday23:20181028171903j:plain

f:id:goodbyebluemonday23:20181028172049j:plain

サラダを食べ終えた後、メインのステーキがやってきました。すごい迫力。

f:id:goodbyebluemonday23:20181028171916j:plain

手前の黄色い液体は、バターが溶けたものです。サーロインとフィレの2種類のステーキが圧倒的な存在感を放っています。

 

分厚くて、それでいてとても柔らかい。これぞ「肉!」というようなステーキでした。

f:id:goodbyebluemonday23:20181028171949j:plain

肉に味付けはしてないので、添えられたバターオイルに付けて食べたり、塩コショウを振って食べたり、別で注文したガーリックソースを付けて食べたりしました。

一番おいしかったのは、バターオイルですね。

ちなみに、今回注文したTボーンステーキ2人前は900gという表記なのですが、たぶん骨の重さも入っているので、2人で食べる分にはちょうどいいくらいの量です。実感としは、肉は600~700gぐらいかなーという感じです。

 

ちなみに、「俺のベーカリー」も併設していて、食パンは俺のベーカリーのものです。これも柔らかくてとても美味しかった!

f:id:goodbyebluemonday23:20181028171847j:plain

 

f:id:goodbyebluemonday23:20181028172414j:plain

金額としては、二人で8000円くらい。ちょっとだけ豪華な休日のランチでした。

 

公式サイト:俺のグリル&ベーカリー大手町