さようなら、憂鬱な木曜日

さようなら、憂鬱な木曜日

サラリーマンの投資ログなど

ネットで買える!注文後に焙煎して発送する『自家焙煎プリンスコーヒー』を飲んでみた

私は毎朝、コーヒーを一杯飲みます。熱いコーヒーを飲むと、寝ぼけた頭がスッキリして、身体が活動モードに入ります。特に、今の時期のように寒い朝は、ホットコーヒーが身体に染みわたりますね。

 

今回、あるご縁があって、「自家焙煎プリンスコーヒー」というブランドのコーヒーを飲んでみました。

そのコーヒーレビューを書いていきたいと思います。

f:id:goodbyebluemonday23:20190203215216j:plain

 

焙煎後数日のコーヒーってこんな美味しいの?

『PRINCE COFFEE(プリンスコーヒー)』は、ネットで買えるコーヒーなのですが、ネット注文が入った後に豆を焙煎して、発送してくれます。

私はコーヒーはもう何年も飲んでいましたが、たまに見る「焙煎」とか「挽き立て」って何のことなのかわからなかったんですけど、コーヒーっていうのは、まず生豆があって、それを焼いて(焙煎して)、ミルで挽いて、ドリップして飲む、というのが一連の流れです。

その中で、「豆を焙煎して」から日が経つごとに豆が酸化して、その香りや新鮮さが失われていくんですね。

だから、豆を焙煎してからどれぐらい経っているか、というのが、コーヒーの美味しさに直結してくるわけです。

よく「挽き立て」ってキャッチフレーズがありますが、豆を挽く作業と言うのは、コーヒー豆を砕く作業なので、正直そこまでコーヒーの味に影響があるとは言いずらいです(ないとは言いません)。いつ挽いたか、よりも「いつ焙煎したか」の方がダイナミックに香りや味に影響してきます。

 

プリンスコーヒーは、注文後、翌日か翌々日には焙煎して発送してくれるので、コーヒー豆のゴールデンタイムと呼ばれる「焙煎後4日~2、3週間」の期間を堪能することができます

 

これね、正直、宅急便で箱を開けた瞬間、もう全然違います。スーパーで買ってる豆とは全然違う(当たり前)。香りが本当に全然違います。

そして、ワクワクしながらコーヒーメーカーでドリップして飲んでみると…なんだこれは!めちゃめちゃおいしい!!

私はたぶん、今までの記憶の中で、少なくとも自宅では、焙煎後4日~のゴールデンタイムの豆でコーヒーを飲んだことはなかったのですが、正直感銘を受けました。

「え、家でこんな美味しいコーヒーが飲めるの?」

コーヒー豆における「焙煎」の重要性を、ひしひしと感じました。

f:id:goodbyebluemonday23:20190203220140j:plain

 

 

選べる焙煎方法と挽き方

プリンスコーヒーでは、飲む人の好みに合わせて「焙煎方法」や「挽き方」も選択することができます。

焙煎方法は、【浅炒り】【中炒り】【深炒り】【おまかせ】の4種類から選べます。

f:id:goodbyebluemonday23:20190203214134j:plain

浅い方が酸味が強くてフルーティ、深いと苦味が強くて香ばしくなります。

 

挽き方は、【細挽き】【中挽き】【粗挽き】【豆のまま】の4種類。

f:id:goodbyebluemonday23:20190203214149j:plain

普通のドリップコーヒーだと中挽きですね。豆のままだと、自宅でコーヒーミルを使って挽く必要があります。

 

「コーヒーは毎日飲むけど、そんなにこだわりはないんだよなあ…」という方には、是非一度飲んでみていただきたいです。

コーヒー豆の本気ってこんなにすごいのか!?と驚くと思いますよ。

心の底からオススメです。

 

公式サイトとamazonで買えるプリンスコーヒー

ちなみに、プリンスコーヒーは公式オンラインショップで注文できます。

自家焙煎PRINCE COFFEE(プリンスコーヒー)公式サイト

 

amazonでも販売しているので、買いやすい方でお求め下さい。

 

ラインナップはこんな感じです。

  • ダイレクトブレンド
  • モカブレンド
  • キリマンジャロAA
  • モカマタリNo.9
  • ブラジル・サントス
  • グアテマラSHB
  • マンデリン
  • コロンビアスプレモ

 

迷ったら、ダイレクトブレンドかモカブレンドのブレンド系を飲んでみると良いと思います。一つ飲むと、他の味も飲んでみたくなります。

 

あ、ちなみに、インスタントコーヒーじゃないので、自分でドリップするか、コーヒーメーカーとかがないと、だめですよ(念のため)。